個別指導塾の現状と展望

現在の状況

個別指導塾は、まだまだ大手の塾フランチャイズが新規出店しており、従来の方法(学生のバイトで1対2または1対3で教える)で続けています。講師の募集・管理が大変で、人件費が塾経営を圧迫し、更に多額の初期投資・ロイヤリティに苦しむでしょう。

映像授業を取り入れた個別指導塾は少しずつ入ってきておりますが、成績を確実に上げるシステムを確立しているところはありません。

将来の展望

映像授業を取り入れた個別指導塾は、それに合う2割程度の生徒は成績が向上しますが、残りの8割の生徒は成績が上がらないので他塾を探すことになります。特に集中力のない生徒(約5割の生徒)は、映像授業だけでは成績はあがりません。

春和塾ではどんなレベルの生徒でもテストの点数が上がるシステムがあります。また近年、「防犯上の理由から塾は近くで」という傾向が強まっている中、少子化と相伴って12坪という広さ(従来の個別指導塾の半分の広さ)が時代にマッチしており、人件費と共に固定費が格安に済みます。

→特徴4 学習塾の経営(オーナー)に向いている人

←特徴2 他社の学習塾には真似できない価格破壊